バイナリーは勝てない噂

バイナリー海外業者では、デモトレードを設けている場合がよくあります。本口座の開設前に、バーチャルマネーにより実際に行う取引環境を確かめることができたりします。

デモなので、失敗しても損失がありませんし、リアルマネーを使う場合には恐ろしくてできないような大胆なトレードをすることも可能でしょう。外国為替証拠金相対取引で勝つ秘訣は事前にキャリアプロフィット確定や損切のルールを作っておくことです。もし、設定していないと、損益がプラスの際にいつまでポジションを持ち続けていいか判断が遅れる場合も考えられますし、損失が出ているケースでは、正常な判断力を失ってしまって、損失額が増大する危険性があります。

何もわからない五里霧中の状態で運に任せてバイナリー投機を試してもそうそうキャリアプロフィットはあげられないでしょうから、チャートを読み解く分析力は必要です。使いやすくて見やすいチャートソフト、また近頃ではチャートアプリもたくさんありますし、しっくりくるものを少し探してみて、売り買いにベストなタイミングを大きく間違うことのないようにしましょう。それに加え、チャートへの理解を深めるために分析方法の有用なテクニックは数多くありますのでそれらも広く知っておくと必ず役に立ちます。バイナリー取引においてスリッページという言葉の意味はトレーダーに不利な価格に変動して約定することを指します。指値注文などの価格を指定する注文は避けて、価格指定を行わない成行注文がすべった時に起こります。

相場の動きが激しくなると発生しやすくなりますが、約定力の高いバイナリー海外業者に、取引をお願いすると起こりにくいです。さてバイナリー投資の世界に足を踏み入れたいと思い立った場合、どのくらいのマネー額があればいいかといいますと、バイナリー業者に銀行口座開設の折、または取引をしようとする時に最低証拠マネーが必要となってくるため、ですからどのバイナリー海外業者を利用するかにより用意したいマネー額は変わってきます。必要とされる最低証拠マネーを100円と設定しているところもありますし5千円~5万円の所もあって割と色々です。

そして最小取引単位についてですが、これも海外業者で違っており、1000通貨だったり高額の取引になる10000通貨の業者もあり、あまり大きなマネー額を動かすのは不安がある、バイナリーの経験がないなどの場合はとりあえず1000通貨にしておくとリスクを低めに抑えられるでしょう。

バイナリー 勝てない理由を述べる

バイナリー投資で使用できるテクニカル指標として多くの人に用いられているのがボリンジャーバンドと言われているものです。

トレンドの規模とトレンドの方向が視覚的に理解しやすく、トレンドが出たらエクスパンション(バンド拡大)が出現するので、トレンドフォローの相対取引に最適です。

反対に、バンドの収縮はトレンド終了のしるしとして活用できます。外国為替証拠金相対取引では、差マネー決済で1日に何遍でも相対取引可能なことを利用してスキャルピングという方法を利用することができます。

この手法では、一回の取引のキャリアプロフィットは少ないものですが、売買回数を増やして少なめのキャリアプロフィットを積み重ねていくのが一般的な手法です。

キャリアプロフィット確定や損切のpipsも相対取引前から決めておきます。バイナリーをしはじめて数カ月もしくは数年経つと、徐々に自分に合った勝ち方が理解できるようになります。海外業者が用意しているテクニカルツールを使ったり、オリジナルのEAを利用することで、自分なりの相対取引手法を確立することが長期に渡って勝つためには大切です。

バイナリー取引で膨大な損失を出した経験は、長期にわたってトレードをしている人であれば誰でも経験することだと感じています。

しかしながら、大損したからこそ、注意深くトレードすることもできますし、大きな損失を出した原因を調べることで次のトレードで活用することが可能です。

バイナリー相対取引のリスクをコントロールするためには経験も求められます。

投機で常に考えるべきリスクとして追証といわれるものがあります。

もちろん、バイナリーの場合でも避けられないことです。

あまりにも利益を得ようとしすぎてギリギリの資マネーでしようとすると、証拠金維持率を下回ってしまうことも少なくないのです。

そうすると、相対取引が思い通りにいかなくなるため、余裕のある資マネーで運用することが利益に繋がるのです。

バイナリー 勝てないの総括

バイナリーのトレードをする上で、非常に大切なことは予め損切り価格を考えておくことです。損切りは損失を出すのを最小限に抑制するために、ある一定の値段になったら、反対売買すると、定めておくことをいいます。

損失が拡大し続ける事態を予防するためには、損切りをためらわずに行うことが必要です。巷で人気のバイナリー投資を自分でも始めてみようとする際、まずどのバイナリー業者を利用するか、投資額や投資のスタイルによくマッチした会社を選んだ方がよいです。業者の選択は損益に大きく関わりますので、簡単に考えない方がいいです。

バイナリー海外業者は手数料が無料なのが普通になってきましたので、無料であることを確認しスプレッドが低く、準備する資金が少なくて済むという点で最低取引単位が小さい業者は利用しやすいでしょう。

それから、ネット上で使う相対取引ツールについてもデモを使ってみたりしてあれこれ知っておくとよいでしょう。

投資というジャンルの中のひとつに、FXがあり、その中の大事なシステムに強制ロスカットというものがあります。たとえば、保有している決済前のポジションがどんどんマイナスになって含み損がふくらんでいき、その割合があらかじめ定められているレベル以上になると自分の意思に関係なく強制的に決済が行われるという仕組みです。そう聞くとちょっと恐くなってしまいますが、いきなり強制ロスカットが行われるのではなく、マージンコールというものが発せられて教えてくれるので銀行口座に入金し、証拠マネーを追加することで強制的な決済を回避することも可能です。また、強制ロスカットが執行される証拠金維持率は利用するFX会社ごとに異なるので注意が必要です。バイナリーオプションの投機方法は、ギャンブル性を指摘されることもあります。

しかし、キャリアプロフィットを出して行くためには、ちゃんと勉強して、見通しに基づいて投資しなくてはなりません。

バイナリー等の投資と同様に、移動平均線等のテクニカル分析も自ずと必要になってきます。運やツキだけで簡単に儲けるというものでは全くないのです。バイナリーをやる上でスワップポイント目的に豪ドル円やニュージーランドドル円といった高金利通貨を保有を続けることがありますが、円高が保有後に進んでしまうと得ることができたスワップポイントより為替差損の方が多くなってしまう可能性が起こり得ます。バイナリー投資をスワップポイント狙いですれば、利益がとっても出しやすいといわれてはいますが、損失が出ることもあるのです。

IMG_3067

  • このエントリーをはてなブックマークに追加